スポンサードリンク



東芝 4Kパネル搭載15.6型プレミアムノートパソコン「dynabook T954 PT95489LHXG」

東芝の世界初4K対応IGZOパネルを搭載した15.6型プレミアムノートPC「dynabook T954 PT95489LHXG」をチョイス!


フルHDの4倍の解像度を誇る3,840×2,160ドット表示の4Kディスプレイを世界で初めて搭載した15.6型ノートPC。大容量の4K映像信号を伝送するための制御部品などを基板上の限られたスペース内にベスト配置する高密度実装技術に加え、伝送時に発生するノイズの影響を低減する設計・構造を採用したことで、ノートPCで初めて4K動画の再生を実現したという。

超美麗な4K映像をより良く表示する高画質化技術として、4K対応テレビ「REGZA」に搭載の「レグザエンジン CEVO 4K」をベースに、ノートPC向けに改良・最適化した超解像技術「レゾリューションプラス」機能を搭載し、1インチあたり282ピクセルという解像度で、写真や動画を緻密に再現することが可能。これにより、写真画像はきめ細かい質感の復元技術や、映像の光沢成分を制御して輝き感のある映像の再現技術などの「超解像技術」を用い、精細な画質を実現。動画コンテンツでは、空の青や肌の色などを記憶色に近い色調で再現する技術や、明暗のコントラストを補正する技術を適用し、鮮明でメリハリのある映像を映し出すことが可能です。

このほか、製造ラインで1台1台の液晶ディスプレイに対し、色味を整えるプロセスを実施しており、本来の色に限りなく近い自然な色味を表現します。SDメモリカードスロットは、最大約312MB/秒のデータ転送速度が可能なUHS-II規格に対応し、UHS-II規格SDメモリカード対応の4Kカメラなどで撮影したコンテンツをより短時間で取り込めます。

主な仕様は、Core i7-4700HQ(2.4GHz~3.4GHz)、メモリ8GB、ハイブリッドHDD 1TB、Intel HM86 Expressチップセット、Radeon R9 M265X(2GB)、BDXL対応ブルーレイドライブを搭載。OSはWindows 8.1 64ビットで、Office Home and Business 2013、Adobe Photoshop Lightroom 5も用意。4K対応アプリとして、TOSHIBA Blu-ray Disc Player、TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+、CyberLink MediaShow for TOSHIBA、Corel VideoStudio X6 VE for TOSHIBA、東芝画面設定ユーティリティなど利用できます。

液晶パネルは、4K表示の15.6型IGZOパネルで、タッチ対応。IGZOパネルにより、従来の液晶パネルと比べ、薄く、明るく高解像度で、消費電力を抑えます。また、ChromaTune for TOSHIBAを使用することで、ハリウッド映画基準の色彩「Technicolor」や温かみのある「Warm」など5つの表示色域から選択できます。カメラ機能は約92万画素Webカメラを装備。

通信機能は、IEEE 802.11a/b/g/n/acの無線LAN、Bluetooth 4.0を内蔵。インターフェイスは、USB 3.0×4、SDカードスロット、HDMI出力、音声入出力、 Gigabit Ethernetなど。スピーカーは、ハーマン・インターナショナル社と共同開発した「harman/kardon ステレオスピーカー」を搭載し、映像や3Dゲームなどを迫力あるサウンドで楽しめます。モノラルマイクも備えます。

外形寸法は約377.5×244×27.9mm(幅×奥行き×高さ)、重さ約2.4kg。消費電力は、標準約21W、最大120W。バッテリ駆動時間は約3.6~4時間。付属品はACアダプタ、電源コード、Bluetooth マウス(光学式)など。23万円前後。

楽天市場で検索

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
PR
Powered by amaprop.net
広告
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX