スポンサードリンク



ドスパラ Xeon E5-2687W v3&Quadro M6000搭載プロ向けワークステーション「Raytrek(レイトレック) HE-X M6」

ドスパラのプロフェッショナル、ヘビーユーザー層向け超高性能ワークステーション「Raytrek HE-X M6」をチョイス!


CPUにIntelのXeon E5-2687W v3を、GPUにNVIDIAのQuadro M6000を採用し、3DCG・映像編集といったプロフェッショナルユーザーや、ヘビーユーザー層に最適な超高性能ワークステーション。

Xeon E5-2687W v3は、コンシューマ向けのCoreプロセッサーにはない、10コア+25MBにより膨大な演算を伴う制作作業も軽快に処理し、最新の高速DDR4メモリ+4ch駆動によりメモリアクセスも高速。

Quadro M6000は、Maxwellアーキテクチャ採用の最上位モデル。3,072のCUDAコアと、大容量で高速な12GB GDDR5メモリを搭載し、4K解像度の映像や大規模3Dモデルの制作作業も快適に行えます。また、ASUS製ATXマザーボード、東芝製SSD、Seasonic製静音電源なども採用したことで、高負荷作業での安定動作をも実現しています。

主な仕様は、10コアのXeon E5-2687W v3(3.1~3.5GHz)、DDR4メモリ32GB(2,133MHz)、東芝製SSD 256GB、HDD 3TB、Intel X99チップセット、Quadro M6000 12GBビデオカード、DVDスーパーマルチドライブ、80PLUS PLATINUM認証860W静音電源(Seasonic SS-860XP2)を搭載。OSはWindows 8.1 Pro 64ビットをプリインストール。

インターフェイスは、前面にUSB 2.0×4、マイク入力、ヘッドフォン出力。背面にUSB 3.1×2、USB 3.0×4、USB 2.0×4、PS/2、DVI、DisplayPort×4、マイク入力、ライン入出力、Gigabit Ethernetなど装備。PCケースはATX対応ミドルタワー「SR598M」を採用します。

外形寸法は207×520.7×450.2mm(幅×奥行き×高さ)、重さ約13.9kg。付属品は、日本語109キーボード、光学式ホイールマウスなど。価格は1,139,980円(税別)。各種BTOカスタマイズにも対応。

▼購入はこちらで
Raytrek HE-X M6
Xeon 搭載パソコン(PC)
クリエイターパソコン(PC)

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
広告
Amazon.co.jp
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX