スポンサードリンク



ASUS Intel Z170搭載ゲーミングマザーボード「MAXIMUS VIII FORMULA」

ASUSから、3月4日に発売されたIntel Z170チップセットを搭載したゲーマー向けATXマザーボードの新モデル「MAXIMUS VIII FORMULA」をチョイス!


ゲーマーやオーバークロッカー向けに特別設計した同社では最上位のゲーミングブランド「R.O.G.(Republic of Gamers)」シリーズに属するATXマザーボード。

ゲーム向け機能として、普通のキーボードにマクロ機能を追加してゲーミングキーボードとして使えるようにする「KeyBot II」をはじめ、ゲーム内の音がする方向を画面上にグラフィカルに表示する「Sonic Radar II」機能、よりクリアで迫力ある音を楽しめるゲーム用の「SupremeFX 2015」オーディオ機能、ゲームのデータ通信の優先度を上げることでオンラインゲームのタイムラグを減らす「GameFirst IV」など搭載。また、予め登録をしておいたソフトが実行されたときに、自動でCPUをオーバークロックしたり、オーディオの設定をゲームに最適なモードに変更したりすることができるソフト「Turbo App」が付属するなど、ゲームに特化した様々な機能が満載!

さらに、LEDによるライトアップでマザーボードを美しく照らす「ROG Aura」機能を搭載。PC使用時に、チップセットのR.O.G.ロゴと拡張スロットのFORMULAロゴ、バックパネルカバーのMAXIMUS VIIIロゴの下のラインが光ります。加えて、付属ソフトを使用することで光の色を自由に変更も可能。このほか、5050タイプのLEDテープに対応したピンヘッダをマザーボード上に備え、市販のLEDテープを接続してPC全体をデコレーションしてちょっとしたカスタマイズが楽しめます。

主な仕様は、ソケットがLGA 1151、メモリスロットが3733(O.C.)MHz対応DDR4 DIMMスロット×4(最大64GB)。ストレージインターフェイスは、U.2、M.2、SATA(6Gb/s)×8、SATA Express×2。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×2、PCI Express 3.0 x16(x4動作)×1、PCI Express 2.0×1を装備。

インターフェイスは、USB 3.0×6、USB 3.1(Type-A)、USB 3.1(Type-C)、DisplayPort 1.2×1、HDMI出力(1.4b)、Gigabit Ethernet、光デジタル×1など。通信機能としてIEEE802.11a/b/g/n/acの高速無線LANも内蔵します。

価格は60,000円前後。

▼購入はこちらで
ASUS ATXマザーボード MAXIMUS8/FORMULA

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
広告
Amazon.co.jp
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX