スポンサードリンク



ドスパラ Xeon E5-2687W v4搭載のハイエンドワークステーション「raytrek(レイトレック) HE-XK・M4・M6」

ドスパラから、5月13日より発売されたクリエイター向けハイエンドワークステーション「raytrek HE-XK」「raytrek HE-X M4」「raytrek HE-X M6」をチョイス!


いずれも、14nmプロセスルールで製造されたIntel最新のワークステーション向けCPU“Broadwell-EP”こと「Xeon E5-2687W v4」を搭載したハイエンドモデル。

Haswell-EP世代のXeon E5-2687W v3と比べ、コア数が10から12に増加したことで、処理性能が大幅に向上しており、3DCGやモーショングラフィックスなどの製作において、作業時間の短縮を実現。3モデルの違いは、搭載されるビデオカードが異なること。すべてNVIDIA製で、用途に合わせて最適なモデルを選択できます。

「raytrek HE-XK」の主な仕様は、12コアのXeon E5-2687W v4(3.0~3.5GHz)、Intel X99チップセット、メモリ32GB、SSD 480GB、HDD 3TB、GeForce GTX TITAN X 12GBビデオカード、DVDスーパーマルチドライブを搭載。OSはWindows 10 Pro 64ビットをプリインストール。PCケースは、オリジナルミドルタワーケース「LD」。税別価格は579,980円。

「raytrek HE-X M4」は、ビデオカードをQuadro M4000 8GBに強化。税別価格は579,980円。

「raytrek HE-X M6」は、ビデオカードをQuadro M6000 12GBに強化。税別価格は1,139,980円です。

全モデル外形寸法は207×509×440mm(幅×奥行×高さ)、重さ約13kg。付属品は、日本語キーボード、光学式ホイールマウスなど。もちろん、各種BTOカスタマイズに対応。

▼購入はこちらで
raytrek HE-XK
raytrek HE-X M4
raytrek HE-X M6
クリエイターパソコン(PC)

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
広告
Amazon.co.jp
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX