スポンサードリンク



ドスパラ Quadro M2000搭載のワークステーション「raytrek LT M2」&「raytrek LC M2」

ドスパラから、5月20日より発売されたQuadro M2000搭載のクリエイター向けデスクトップPC「raytrek LT M2」と「raytrek LC M2」をチョイス!


いずれも、第二世代のMaxwellアーキテクチャを採用したNVIDIAのプロフェッショナル向けビデオカード「Quadro M2000」を搭載したワークステーションモデル。

768基のCUDAコアと高速な帯域幅をもつGDDR5メモリによりコンテンツクリエーションにおいて、ハイパフォーマンスを発揮します。また、映像出力端子は4K出力対応のDisplayPortを4ポート備え、NVIDIA Mosaicテクノロジーにより4Kを超えた高解像度のマルチディスプレイ環境の構築も実現。

CPUは、“Skylake”こと第6世代となるCore i7-6700を採用。最新14nmプロセスで製造されたこのCPUは、高性能と省電力を両立し、 クアッドコアによる高い並列処理性能で、高度な演算処理を必要とする画像や動画の編集作業も快適に行うことができます。

主な仕様はほぼ共通で、4コアのCore i7-6700(3.4~4.0GHz)、Intel H170チップセット、メモリ16GB、SSD 250GB、HDD 2TB、Quadro M2000 4GBビデオカード、DVDスーパーマルチドライブを搭載。OSはWindows Home 64ビットをプリインストール。

PCケースは、「raytrek LT M2」がミニタワーケース「EM041」。「raytrek LC M2」がミドルタワーケース「LD」となります。

インターフェイスは、前面にUSB 3.0×2、マイク入力、ヘッドフォン出力で、「raytrek LC M2」にはSDカードリーダも装備。背面にはUSB 3.0(Type A)×2、USB 3.0(Type C)、USB 2.0×2、PS/2、DisplayPort×4、マイク入力、ライン入出力×各1、Gigabit Ethernetなど備えます。

外形寸法(幅×奥行×高さ)と重さは、「raytrek LT M2」が190×420×360mmで約7.8kg。税別価格は164,980円です。「raytrek LC M2」が207×509×440mmで約13kg。税別価格は164,980円です。

付属品は両モデルとも、日本語キーボード、光学式ホイールマウスなど。各種BTOカスタマイズにも対応。

▼購入はこちらで
raytrek LT M2
raytrek LC M2
NVIDIA Quadro 搭載PC

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
広告
Amazon.co.jp
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX