スポンサードリンク



FiiO ハイレゾ・ミュージックプレイヤー X7

小柳出電気商会のフラッグシップ・ハイレゾミュージックプレイヤー「FiiO X7」をチョイス!

FiiO ハイレゾ・ミュージックプレイヤー X7

「FiiO X」シリーズでは初の4型タッチパネルを採用したハイレゾミュージックプレイヤーのフラッグシップモデル。CPUに、パワフルで省電力な1.4GHz駆動のCortex-A9プロセッサ「Rockchip RK3188」を搭載。また、高級据置DACで多く採用されているハイエンドDACチップ「ESS ES9018S」も備え、CDを音源よりも遥かに高音質で原音に近い、ハイレゾサウンドをいつでもどこでも楽しむことができます。

B0198122MKB0198122MKB0198122MK

最大特徴として、着脱可能なアンプモジュールを採用。標準搭載の「スタンダードIEMモジュール」のほか、今後発売予定のオプションモジュールに変更することで、ユーザーが求める機能性や使用シチュエーションに応じたハイレゾプレイヤーへと、どんどん進化します。今後、オプションで「Medium-classモジュール」「High-Powerモジュール」「Balancedモジュール」を発売予定。さらに、ユーザーの声を反映した多彩なオプション・モジュールも単体で発売する予定です。

主な仕様は、4コアのRockchip RK3188 (1.4GHz)、ストレージ容量は32GBを搭載。microSDXC対応カードスロットも装備し、保存容量を最大128GBまで拡張できます。OSはAndroidを採用し、ミュージックプレイヤーとして機能する「Pure Music モード」と、Androidアプリなどを利用できる「Androidモード」が利用可能。

対応フォーマットは、DSD 5.6MHzまでネイティブ再生が可能。さらに、DSF、DFF、DXD、64bit/384KHzのPCMとWAV、APE、FLAC、ALAC、AIFF、WMA、MP3、AAC、OGGなどサポート。ISOの再生も可能です。

通信機能は、IEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)の無線LAN、Bluetoothを内蔵。DACチップはESS ES9018S、オペアンプチップはOPA1612 + AD8397(スタンダードIEMモジュール)。インターフェイスは、3.5mmステレオミニ出力(S/PDIF兼用)、Micro USB(USB-OTG対応)を装備。ヘッドフォン出力は、200mW(16Ω)、100mW(32Ω)、10mW(300Ω)。

外形寸法は130×64×16.6mm、重さ220g。3,500mAhのリチウムイオンバッテリを内蔵し、約4時間のフル充電で約9~10時間使用できます。付属品はUSBケーブル、プロテクトフィルム(2枚)、コアキシャルアダプタ、クリアケース、T5トルクスドライバー、T5トルクスビス(予備・4個)。税別価格は99,900円です。

▼購入はこちらで
FiiO ハイレゾ・ミュージックプレイヤー X7
Fiio X7専用アンプモジュール Fiio AM2

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
広告
Amazon.co.jp
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX