スポンサードリンク



ソニー 防水仕様のBluetoothワイヤレススピーカー「SRS-XB3」&「SRS-XB2」

ソニーの防水仕様で小型なBluetoothワイヤレススピーカー「SRS-XB3」と「SRS-XB2」をチョイス!

ソニー SRS-XB3 SRS-XB3/Bソニー SRS-XB3 SRS-XB3/Rソニー SRS-XB3 SRS-XB3/L

ソニー SRS-XB2 SRS-XB2/Bソニー SRS-XB2 SRS-XB2/Rソニー SRS-XB2 SRS-XB2/Lソニー SRS-XB2 SRS-XB2/Y

IPX5相当の防水性能を備え、お風呂やキッチンなどの水まわり、プールや海水浴などのアウトドアでも水しぶきなどを気にせず、高音質ワイヤレス再生が可能なBluetoothスピーカー。

「SRS-XB3」は約48mm径の、「SRS-XB2」は約42mm径の新開発大型フルレンジスピーカーユニットを搭載し、軽量化した振動板と強力な磁気回路により、高い音圧と迫力ある低音を両立。また、振動板を大きく動かすロングストローク設計の採用により、小型スピーカーの限界に迫る音圧を可能に。さらに、独自のDSP信号処理技術を用いたことで、小音量から大音量までスピーカーユニットのドライブを最大限に生かし、バランスの取れた高音質を実現。

通信機能は、Bluetooth 3.0を内蔵。対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。対応コーデックはSBC、AACのほか、LDACもサポートし、ワイヤレスでも高音質なサウンドで楽しめます。SCMS-T方式も採用。

コンパクトボディには大容量リチウムイオン充電池を内蔵し、「SRS-XB3」は、「SRS-XB2」は約4時間フル充電で約12時間の連続再生に対応。

「SRS-XB3」は、小型ボディに大型対向デュアルパッシブラジエーターを搭載し、スピーカーユニットから伝えられる低域を、余すことなく増強し、迫力ある重低音サウンドを堪能できます。周波数帯域は60Hz~20,000Hz、アンプ最大出力は30W(15W×2ch)。

ソニー SRS-XB3

約8,800mmAh相当の大容量バッテリも搭載し、約4時間のフル充電で約24時間の長時間再生が可能。スマートフォンとUSBケーブルなどでの接続による充電に対応しており、外出先でスマートフォンのバッテリ残量が少なくなった場合でも、おすそわけ充電を行えます。

外形寸法 約211×83×80mm(幅×奥行×高さ)、重さ約930g。部屋のレイアウトにあわせて設置可能な縦置き・横置きのマルチレイアウトにも対応。ボディカラーはブラック、オレンジレッド、ブルーの3色がラインナップ。税別価格は18,000円前後。

「SRS-XB2」は、外形寸法が約191×65×62mm(幅×奥行×高さ)のコンパクトボディの中に、トラック型パッシブラジエーターを搭載し、低域の増強を実現。重さ約480gの小型軽量サイズに加え、スピーカーに傾斜をつけた設計により、より音が周囲に広がりやすくなっています。周波数帯域は80Hz~18,000Hz、アンプ部の実用最大出力が20W(10W+10W)。

ソニー SRS-XB2

ボディカラーはブラック、オレンジレッド、ブルー、カーキイエローの4色がラインナップ。税別価格は13,000円前後です。

▼購入はこちらで
SONY SRS-XB3 B ブラック SRSXB3B
SONY SRS-XB3 R オレンジレッド SRSXB3R
SONY SRS-XB3 L ブルー SRSXB3L

SONY SRS-XB2/B ブラック SRSXB2B
SONY SRS-XB2/R レッド SRSXB2R
SONY SRS-XB2/L ブルー SRSXB2L
SONY SRS-XB2/Y イエロー SRSXB2Y

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
広告
Amazon.co.jp
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX