スポンサードリンク



マクセル ブルーレイレコーダ iVBLUE(アイヴィブルー) BIV-TW1100&BIV-WS1100

日立マクセルのダブルチューナ搭載のブルーレイレコーダ「iVBLUE BIV-TW1100」と、トリプルチューナ搭載のブルーレイレコーダ「iVBLUE BIV-WS1100」をチョイス!

日立マクセル iVDRスロット搭載Blu-rayディスクレコーダー BIV-TW1100日立マクセル iVDRスロット搭載Blu-rayディスクレコーダー BIV-WS1100

いずれも、iVDRスロットを搭載したブルーレイレコーダ。録画メディアは、内蔵HDD、ブレーレイ・DVDのほか、カセット式HDD「iVDR-S」に対応。

一般的なUSB HDDでは、録画に用いたテレビやレコーダを買い替えた場合、新しい機器ではそれまでに録画した番組の再生はできませんが、「アイヴィ」なら日立の液晶テレビ「Wooo」などiVDRスロット搭載機器であれば互換性があるため、カセットを入れるだけで再生することができます。容量限界のある内蔵HDDがいっぱいになっても、アイヴィを追加することで、録画時間を拡張できるのでとっても便利です。


新モデルでは、番組表(Gガイド)で「新」と表記された新番組を自動録画する「新番組自動録画」機能や、録画した番組をジャンルやタレントなどで自動分類する「お好み再生」の新機能を搭載。シンプルなアイコンと機能別に色分けした新しいGUIも採用し、使いやすさを向上させています。

このほか、気になるジャンルや好きなタレント名、キーワードを設定するだけでレコーダが自動録画する「お好み録画」機能の登録可能数は、従来モデルの2倍以上となる最大15に増加しています。HDMI端子は、4Kアップコンバート出力に対応し、ブルーレイディスクソフトの映像を4K解像度までアップコンバートして、4Kテレビなどで超高画質で楽しめます。Ethernetも装備し、レコーダの録画番組をネットワーク経由でDLNA対応のPCやスマートフォン・タブレットなどで再生可能。

HDD容量は共に1TB。インターフェイスは、HDMI出力、アナログ映像入出力×各1、アナログ音声入出力×各1、光デジタル音声出力、USB端子、SDXC対応カードスロットを装備。

上位モデル「BIW-WS1100」は、地上・BS・110度CSデジタルチューナ×3基のトリプルチューナを装備し、最大3番組同時録画
に対応。最大12倍の長時間録画も可能。iVDRスロットは2スロット装備する「ダブルiVスロット」。1巻目の「アイヴィ」はドラマ用、2巻目の「アイヴィ」は好きなタレント用にするなど、用途に応じて振り分けて録画でき、「アイヴィ」から「アイヴィ」へのムーブも簡単にできます。Ethernetのほかに、IEEE 802.11a/b/g/nの無線LANも内蔵。「スカパー! プレミアムサービスLink」を利用すれば、4番組同時録も可能です。

外形寸法は430×271.2×55.9mm(幅×奥行×高さ)、重さ3.0kg。消費電力は26W。年間消費電力量は22kWh/年。税別価格は79,800円。

下位モデル「BIV-TW1100」は、地上・BS・110度CSデジタルチューナ×2基のダブルチューナを装備し、最大2番組同時録画
に対応。iVスロットは1スロットのみ。無線LANは非搭載。

外形寸法は430×277.7×55.9mm(幅×奥行き×高さ)、重さ約3.0kg。消費電力は26W。年間消費電力量は22kWh/年。税別価格は69,800円前後です。

▼購入はこちらで
日立マクセル ダブルiVDRスロット搭載アイヴィブルー BIV-TW1100
日立マクセル iVDRスロット搭載アイヴィブルー BIV-WS1100

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
広告
Amazon.co.jp
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX