スポンサードリンク



YAMAHA ブルーレイディスクプレーヤー BD-A1060

ヤマハから、8月下旬に発売されるブルーレイディスクプレーヤーの新モデル「BD-A1060」をチョイス!


無線LANやネットワーク機能を搭載したブルーレイディスクプレーヤー。1.2mm厚の鋼板製ベースプレートによるダブルボトム構造の制振・高剛性シャーシと強化トップカバーを採用したほか、電源部とオーディオ部の完全分離、AVレシーバ「AVENTAGE」の上位モデルと同じ音響専用コンデンサを実装した高音質オーディオ回路などを採用し、音質重視の設計です。

プレイヤー部は、BD・ブルーレイ 3Dのほか、CD・SA-CDの再生に対応。CD・SA-CDの再生では音質を向上させるCDモードを用意。また、HDMI端子は4KアップスケーリングやSA-CDマルチチャンネル音声出力に対応します。アナログ音声出力のバランス伝送を実現するXLR出力端子も装備。

DACはバーブラウン社の「PCM1795」を採用し、通信機能はIEEE 802.11b/g/n対応の無線LANを内蔵。192kHz/32bitのApple Lossless、WAV、FLACや、DSD 5.6MHz(ネイティブは2.8MHzまで)のハイレゾ音源の再生に対応するネットワークオーディオ機能を装備し、パソコンやNAS(ネットワークHDD)などに保存されている家庭内ネットワーク(DLNA)上の音楽コンテンツを高音質で再生可能。加えて、映像や写真コンテンツの再生にも対応しています。このほか、直接対応する機器と接続するWi-Fi DirectやMiracastもサポート。

スマートフォン・タブレットとも連携。専用アプリ「AV CONTROLLER」に対応し、スマートフォンやタブレットにインストールすれば、本機やヤマハ製AVレシーバの操作が行えます。また、SCENE機能を装備したヤマハ製AVレシーバと本機とをHDMI接続すれば、SCENE連動にも対応。

ボディデザインには、AVレシーバ「AVENTAGE」とマッチするアルミフロントパネルを採用。インターフェイスは、HDMI出力、光デジタル音声出力、同軸デジタル音声出力、アナログ音声出力(RCA)、アナログ音声出力(XLR)、USB×2、Ethernetを装備。

外形寸法は435×262×86mm(幅×奥行き×高さ)で、重さ3.8kg。消費電力は20W、待機時0.2W。付属品は、リモコン、単4乾電池(2本)、電源コードなど。税別価格は75,000円です。

▼予約はこちらで
YAMAHA ブルーレイディスクプレーヤー BD-A1060(H) チタン BDA1060H
YAMAHA ブルーレイディスクプレーヤー BD-A1060(B) ブラック BDA1060B

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
広告
Amazon.co.jp
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX