スポンサードリンク



パイオニア ネットワークCDレシーバーシステム X-HM76(S) XHM76Sなどが通販予約

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンから、9月中旬に発売されるネットワークCDレシーバシステム「X-HM76(S)」、ネットワークCDレシーバ「XC-HM86(S)」、スピーカーシステム「S-HM86-LR」をチョイス!


「X-HM76(S)」はネットワークCDレシーバとスピーカーで構成されるネットワークCDレシーバシステム、「XC-HM86(S)」はネットワークCDレシーバの単体モデルで、好みのスピーカーと組み合わせることが可能。「S-HM86-LR」は「XC-HM86」に最適化されたスピーカーシステム。

「X-HM76」と「XC-HM86」のネットワークCDレシーバ部は、DSD 11.2MHzをはじめ、FLAC・AIFF(192kHz・24bit)、Apple Lossless などのハイレゾ音源の再生に対応。また、アナログ回路とデジタル回路のグランドを分離する「クリーングランド設計」により、アンプ部への高周波デジタルノイズの影響を低減することでS/N 感が向上し、音のつながりや滑らかさが表現され、ハイレゾ音源ならではの細かな音のニュアンスやステージ感を忠実に再現。「XC-HM86(S)」の音質部品には何度も試聴を繰り返して最適な部品を厳選するとともに、徹底した音質チューニングを行い、同社のHi-Fiコンポーネントの流れを汲む高音質再生を実現。ハイレゾ音源をはじめとした様々な音楽ソースをより高品位で聴取できます。

さらに、IEEE 802.11a/g/b/nの無線LANを内蔵しており、iPod touch・iPhone・iPad、MacやWindows PC上のiTunesの楽曲をワイヤレスで高音質再生するAirPlayに対応。「e-onkyo ダウンローダー」も利用でき、ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」で購入したハイレゾ音源を、レシーバ部に接続した別売のUSB HDDに直接ダウンロードして楽しめます。インターネットラジオのtuneInやradiko.jp(プレミアムサービス含む)、Google Cast for Audioもサポート。

このほか、Bluetooth 4.1を備え、スマートフォンなどのBluetooth対応機器に保存されている音楽をワイヤレスで再生可能。Bluetoothの対応プロファイルは、A2DP、AVRCP、HOGP-Host(Client)、HOGP-HID(Server)、HID Service(HIDS)。対応コーデックはSBC、AAC。最大通信距離は10m。

もちろん、CDやFM・AM ラジオなどの多様な音楽メディアの再生が可能。前面のUSB端子にUSBメモリを接続すればメモリ内の音楽データを再生できます。また、背面のUSB端子にUSB HDD(別売)を接続すれば、ミュージックサーバーのようにHDD内の楽曲を長時間再生して楽しめます。CDプレイヤー部は、音楽CD、CD-R・CD-RW(MP3、WMA)のメディアに対応。ネットワーク・USBの対応フォーマットは、DSD(2.8MHz、5.6MHz、11.2MHz)、Apple Lossless、LPCM、FLAC、AAC、AIFF、WAV、WMA、MP3。

本体前面には3.5型カラー液晶ディスプレイを搭載し、アルバムアートなど表示。インターフェイスは、前面にヘッドホン出力、USB端子(USBメモリ用)。背面にRCA入力、光デジタル入力(角型)、サブウーファー出力、USB端子(USB HDD用)を装備。

外形寸法はともに290×333×98mm(幅×奥行×高さ)、重さ3.5kg。アンプ出力は、最大100W(50W×2ch)。消費電力は、HM87が40W、HM86が42W、待機時はともに0.3~2.9W。X-HM76の付属品は、リモコン、スピーカーコード×2、AMループアンテナ、 FM簡易アンテナなど。

「X-HM76」に付属するスピーカー部には、120mmの大口径ウーファーユニットと25mmドームトゥイーターユニットを採用し、迫力ある低音とクリアな高音を再生します。

主な仕様は、周波数帯域が70~40kHz、再生周波数帯域が50~40kHz、出力音圧レベルが83dB/W、最大入力が50W、インピーダンスが4Ω。外形寸法は148×213×263mm(幅×奥行×高さ)×1台、重さ3.3kg×1台。

「S-HM86-LR」は、25mmドーム型トゥイーターユニット、高剛性130mmグラスファイバーコーン型ウーファーユニット、そしてスピーカーネットワーク回路には上質なフィルムコンデンサーを採用しており、「XC-HM86」に最適なスピーカーとしてチューニングを施すことで、歯切れの良い量感豊かな音を再生します。また、スピーカーエンクロージャーは高級感あふれる光沢仕上げとなってます。

主な仕様は、周波数帯域が55~40kHz、再生周波数帯域が45~40kHz、出力音圧レベルが82dB/W、最大入力が100W、インピーダンスが4Ω。外形寸法は165×259×280mm(幅×奥行×高さ)×1台、重さ4.4kg×1台。

税別価格は、X-HM76が59,800円、XC-HM86が54,800円、S-HM86-LRが35,000円です。

▼予約はこちらで
Pioneer ネットワークCDレシーバーシステム X-HM76(S) XHM76S
Pioneer ネットワークCDレシーバー X-HM86(S) XHM86S
Pioneer スピーカーシステム S-HM86-LR SHM86LR

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
広告
Amazon.co.jp
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX