スポンサードリンク



ドスパラ EDIUS Pro 8搭載のクリエイター向けデスクトップパソコン raytrek-V for EDIUS LC&LK

ドスパラから2月17日より発売された、クリエイター向けデスクトップPC「raytrek(レイトレック)」シリーズの新モデル「raytrek-V for EDIUS LC」「raytrek-V for EDIUS LK」をチョイス!


いずれも、4KやHDなどのフォーマットをリアルタイムで編集することができるグラスバレーの映像編集ソフト「EDIUS Pro 8」を標準プリインストールしたモデル。「EDIUS Pro 8」は購入後、ID登録するだけですぐに利用できます。

また、キーボードには東プレの「RealForce108UH-S」を採用し、PCに同梱。静電容量無接点方式を採用した高耐久、かつ心地よいタッチのキーボードでストレスなく作業が行えます。BTOではEDIUSキーボードも選択可能。なお、ブラックマジックデザイン社製キャプチャーカードなど、業務用から民生品までの様々なカメラ用インターフェースを今後追加予定。

「raytrek-V for EDIUS LK」の主な仕様は、4コアのCore i7-6700(3.4~4.0GHz)、Intel H170チップセット、メモリ16GB、SSD 1TB、HDD 2TB、BDドライブを搭載。OSはWindows 10 Pro 64ビットで、EDIUS Pro 8をプリインストール。PCケースは、レイトレック専用オリジナルミドルタワーケース「LD」。

インターフェイスは、前面にUSB 3.0×2、microSD・SDカードリーダ、マイク入力、ヘッドホン出力。背面にUSB 3.0×6、Gigabit Ethernet、PS/2、DVI、HDMI、マイク入力、ライン入出力×各1など装備。税別価格は274,980円。

「raytrek-V for EDIUS LC」は、CPUをCore i7-6700K(4.0~4.2GHz)に強化し、HDD容量wp3TBに増強、さらにQuadro K620 2GBビデオカードを追加。

インターフェイスは、背面がUSB 3.0×6、Gigabit Ethernet、PS/2、DVI、DisplayPort、マイク入力、ライン入出力×各1などとなります。税別価格は309,980円です。

2モデルとも外形寸法は207×509×440mm(幅×奥行×高さ)、重さ約13kg。付属品は、光学式ホイールマウス、東プレキーボード「RealForce 108UH-S SA010S」など。各種BTOカスタマイズにも対応。

▼購入はこちらで
raytrek-V for EDIUS LC
raytrek-V for EDIUS LK
EDIUS推奨モデル
クリエイターパソコン(PC)

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
広告
Amazon.co.jp
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX