スポンサードリンク



JVCケンウッド コンパクトコンポーネントシステム WOOD CONE EX-NW1

JVCケンウッドのコンパクトコンポーネントシステム「WOOD CONE EX-NW1」をチョイス!

JVCケンウッド コンパクトコンポーネントシステム WOOD CONE EX-NW1

名刺サイズという新開発のウッドコーンスピーカーと、11×18cm(幅×奥行き)の超小型アンプを組み合わせた、シリーズ最小サイズのデスクトップオーディオシステム。

新開発のウッドコーンスピーカーは、口径が3cmの小型・凹型ウッドコーンを蝶ダンパーを用いて搭載し、振幅のリニアリティを最大限確保。また、名刺サイズながらも、高磁力のネオジウム磁気回路でドライブするため、美しい音色を再現します。低音を強化する新開発の口径4cmのパッシブラジエータも背面に装備し、豊かな低音サウンドが楽しめます。

さらに、低音再生能力を補う専用スピーカースタンドを採用。スタンド底部に竹製の響棒を設置し、重心の低い低音再生を実現。加えて、エンクロージャの響きを最大限生かす人工熟成ハイブリット響棒や、広い音場や大きな空間表現を可能にする人工熟成メイプル材ウッドブロックも採用しています。

JVCケンウッド コンパクトコンポーネントシステム WOOD CONE EX-NW1

アンプ部は、ウッドコーンスピーカーに合わせて音の広がりや解像度高めるチューニングや、ビクタースタジオによるニアフィールドにフォーカスしたサウンドチューニングを施し、デスクトップというパーソナルな空間において、ウッドコーンスピーカーの“木”のあたたかみと、美しいサウンドを提供します。

通信機能はBluetooth 2.1+EDRを内蔵。スマートフォンやタブレットなどとペアリングすれば、対応機器の楽曲をスピーカーを通して高音質でワイヤレス再生が可能。NFCにも対応し、ワンタッチでペアリング完了します。また、本体の電源をスマートフォンからオンにできる便利なBluetoothスタンバイ機能も搭載。対応プロファイルはA2DP、AVRCP。対応コーデックはSBC。対応コンテンツ保護はSCMS-T方式。

インターフェイスは、3.5mmステレオミニ入力、光デジタル入力、ヘッドホン出力を装備。PC入力用のMicroUSB、USB 2.0(USBメモリ用)も備え、USB-DAC機能やヘッドホンアンプとして活用できます。対応フォーマットはWAV、FLAC 、MP3、WMA。

外形寸法(幅×奥行き×高さ)と重さは、アンプ部が110×182×51mmで425g、スピーカー部(1本)が76×110×131mmで520g。消費電力は定格が15W、スタンバイ時が0.4W以下。付属品は、リモコン、電源コード、スピーカーコード。価格は65,000円前後です。

▼ 購入はコチラで
JVC コンパクトコンポーネントシステムWOOD CONE EX-NW1

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
広告
Amazon.co.jp
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX