スポンサードリンク



東芝 15.6型スタンダードノート dynabook Tシリーズ T95/F PT95FBP-BEA2&PT95FGP-BEA2

東芝クライアントソリューションの15.6型スタンダードノートパソコン「dynabook Tシリーズ」にラインナップされた、ハイエンドモデル「dynabook T95/F」をチョイス!


色補正機能を搭載し、画面の美しさと文字の見やすさ、オンキヨーと共同開発した2way 4speakers採用による高音質サウンドや高いパフォーマンスが特徴のスタンダードモデル。ハイエンドモデルとなる「T95」には、CPUに第8世代のIntel Coreプロセッサを搭載し、さらなるパフォーマンス向上に加え、新たにセキュリティ性能を高めるWindows Hello対応「顔認証」を備えるなど、メインマシンに求められる機能性、高速性、信頼性を備えています。

液晶パネルは、1,920×1,080ドット(フルHD)表示の15.6型IPSディスプレイを搭載。色補正機能に加えて、階調表現を最適化して白飛びや黒つぶれを抑える「HDRビデオのストリーミング機能」に対応。YouTubeなど動画配信サービスのHDRビデオを、より自然な明るさや階調でストリ-ミング視聴ができます。高画質化機能として、独自のアルゴリズムを採用した超解像技術〈レゾリューションプラス〉も合わせて搭載。映像や写真を解析し、通常の写真や映像だけでなく、360度パノラマの写真・動画も、より自然な高画質化を実現。

さらに、キーボードの操作感や使いやすさにもこだわり、従来よりも横幅を大きく広げたテンキーを採用し、より打ちやすくなり、ミスタッチも軽減。また、19mmピッチ、1.5mmストロークのフルサイズキーを採用し、キートップ中央に0.2mmのへこみを設けることで、確かな指掛かりで打鍵感を与えます。キートップには視認性の良いフォントを使用。このほか、キーボード面に余計な穴や隙間をなくし、ほこりが入りにくいデザインに仕上げています。

主な仕様は、4コアのCore i7-8550U(1.8~4.0GHz)、メモリ16GB、SSD 512GB、BDドライブを搭載。OSはWindows 10 Home 64ビットをプリインストールし、Office Home & Business 2016が付属。

通信機能はIEEE 802.11a/b/g/n/acの高速無線LAN、Bluetooth 4.0を内蔵。インターフェイスはUSB 3.0×2、USB 2.0×2、GigabitEthernet、HDMI出力、マイク入力/ヘッドホンコンボジャック、SDカードスロット、92万画素Webカメラなど備えます。

外形寸法は約379.0×258.0×23.7mm(幅×奥行き×高さ)、重さ約2.4kg。バッテリ駆動時間は約7時間。ボディカラーはブラック、サテンゴールドの2色がラインナップ。付属品は、ACアダプタ、電源コード、Blue LED方式ワイヤレスマウスなど。

税別価格は20万円前後です。

▼購入はこちらで
東芝 dynabook T95/FB 15.6型ノートパソコン プレシャスブラック PT95FBP-BEA2
東芝 dynabook T95/FB 15.6型ノートパソコン サテンゴールド PT95FGP-BEA2

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


カテゴリ
スポンサードリンク
PR
Powered by amaprop.net
広告
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX