スポンサードリンク



アップル 第4世代のスマートウォッチ Apple Watch series 4 GPSモデル&GPS+Cellularモデル

アップルの第4世代スマートウォッチ「Apple Watch series 4 GPSモデル」と、「Apple Watch series 4 GPS+Cellularモデル」をチョイス!

iconicon

第4世代のApple Watchは、ケースサイズが従来の32mm・42mmから40mm・44mmとシリーズ最大サイズとなり、合わせてディスプレイの表示領域が30%以上拡大したのが最大の特徴。厚さも11.4mmから10.7mmに薄く、ケースの各カーブにあわせて、ディスプレイの角も丸みを持たせています。なお、バンドはこれまでのApple Watch全シリーズと互換性があります。

ディスプレイは、感圧タッチ対応LTPO OLED Retinaディスプレイを搭載。解像度は40mmモデルが324×394ドット、44mmモデルが368×448ドットで、最端部まで表示とマルチタッチが可能。また、文字盤はSeries 4専用に「Infograph(インフォグラフ)」と「Infograph Modular(インフォグラフ・モジュラー)」を用意。際限なくカスタマイズ可能なインフォグラフ文字盤から、深呼吸のタイミングを知らせながらアニメーションが動く呼吸文字盤まで、ディスプレイの利点を最大限に活かしています。さらに、ヴェイパー、リキッドメタル、火と水を含む一連の動きのある文字盤は、ケースのカーブした縁にユニークに映えるようデザインされています。


SiPは、64ビット対応の「Apple S4」を搭載し、処理速度はS3から約2倍向上。OSはwatchOS 5をプリインストール。また、光学式心拍センサーが第2世代に強化され、心拍数が基準値を10分間下回ると、心拍数が低いことを通知します。加えて、Digital Crownと背面のクリスタルの中に電気式の心拍センサーも新たに備え、米国食品医薬品局(FDA)基準の新しいECGアプリを使って、30秒間心電図を取ることができます。このアプリでは、心臓が正常なパターンで鼓動しているか、あるいは重大な合併症につながる可能性のある心房細動 (AFib) の兆候があるかを分類し、すべてを記録。記録されたすべての症状はPDFでヘルスケアアプリに保存され、医師と共有することができます。

新しい加速度センサーとジャイロスコープも内蔵。ユーザーの転倒を検知し、1分間動かない場合は自動的に緊急通報を行います。このほか、側面のDigital Crownを回した際に触覚的な反応を備えるようになり、クリック感が加わることでよりメカニカルな感覚で操作できます。

通信機能は、IEEE 802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 5.0を内蔵。iPhoneと連携して通話が可能。トランシーバー方式の通話アプリを使って、Apple Watch同士の会話もできます。スピーカーの音は、これまでより50%大きく、電話での通話、Siri、トランシーバーに最適化され、マイクは反響を低減し、より良い音質を実現するために再配置。Apple Pay(FeliCa)も搭載し、Suicaなど電子マネーも利用できます。

性能向上しながらバッテリ駆動時間は、これまでと同じ最大18時間使用できます。ボディカラーはシルバー、スペースブラックに加えて、新たにゴールドがラインナップ。ほかにも、ナイキやエルメスとのコラボレーションしたバリエーションモデルも用意。

税別価格は、GPSモデルの40mmが45,800円から、44mmが48,800円から。GPS+Cellularモデルの40mmが56,800円から、44mmが59,800円から。

▼購入はこちらで
ソフマップでApple Watch Series 4を購入icon

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


カテゴリ
スポンサードリンク
PR
Powered by amaprop.net
広告
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX