スポンサードリンク



G-GEAR Ryzen 7 2700X・GeForce RTX 2080 NVLINK SLI搭載のゲーミングパソコン GX7A-C181/XT

ツクモのハイエンドゲーミングパソコン「G-GEAR neo」シリーズにラインナップされた、第2世代のAMD Ryzen 7 2700Xと、2基のNVIDIA GeForce RTX 2080を搭載した「GX7A-C181/XT」をチョイス!

G-GEAR neo GX7A-C181/XT

“Pinnacle Ridge”のコードネームで呼ばれた、12nmプロセス、第2世代Zen+アーキテクチャを採用した、デスクトップ向けプロセッサ「AMD Ryzen 7 2700X」、およびGPUにNVIDIA Turingアーキテクチャを採用したハイエンドモデル「GeForce RTX 2080」を装備したハイエンドゲーミングパソコン。

GeForce RTX 2080ビデオカードは2枚構成で搭載し、NVIDIAのNVLINK SLIテクノロジに対応。これにより、従来のSLIテクノロジと比べて、3Dグラフィックスのパフォーマンスを最大50倍も向上させることができ、映像制作やゲームエンジンでのコンテンツ制作など快適な環境で利用することができます。

このほか、標準でAMD純正CPUクーラー「Wraith Prism」が付属し、Rainbow RGB ringによって虹色の色彩効果で光り、PCケース内をよりスタイリッシュに演出します。

主な仕様は、8コア・16スレッドのAMD Ryzen 7 2700X(3.7~4.3GHz)、AMD X470チップセット、メモリ16GB、NVMe対応M.2 SSD 500GB+HDD 2TB、GeForce RTX 2080 8GBビデオカード×2(NVLINKブリッジ接続)、DVDスーパーマルチドライブを搭載。OSはWindows 10 Home 64ビットをプリインストール。

PCケースは、Cooler Master社と共同企画をしたG-GEAR neo専用オリジナルミドルタワーケース「MCM-M500P-KN5N-SJP」を採用。インターフェイスは、前面にUSB 3.0×2、マイク入力、ヘッドフォン出力。背面にUSB 3.1 Gen 2×2、USB 3.0 Type-C、USB 3.0×5、PS/2、GigabitEthernet、DVI-D、HDMI出力、DisplayPort×3、USB Type-C、アナログオーディオ入出力、S/PDIF(Optical)など装備。

外形寸法は235×512×548mm(幅×奥行×高さ)、重さ約19.5kg。ボディカラーはブラック。付属品は、日本語キーボード、光学式ホイールマウス、OSディスク、ドライバディスク、ソフトウェアディスク、カスペルスキーのインターネット セキュリティ(90日版)など。

税別価格は399,800円です。

▼購入はこちらで
G-GEAR neo GX7A-C181/XT
G-GEAR neoシリーズ

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


カテゴリ
スポンサードリンク
PR
Powered by amaprop.net
広告
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX