スポンサードリンク



Jaybird 完全ワイヤレスイヤホン RUN XT JBD-RUN-002BK&JBD-RUN-002GR

ロジクールから、「Jaybird」ブランドの完全ワイヤレスイヤホン「Jaybird RUN XT」をチョイス!

B07N1VHFC3B07N1W98WW

2018年発売の完全ワイヤレススポーツイヤホン「Jaybird RUN」の後継モデル。通信機能にBluetooth 4.1を内蔵し、ソフトウェアの改善によりワイヤレス接続の安定性を向上させ、スマートフォンやタブレットなどの音楽を高音質で聴くことができます。

イヤホンの重さは約6.8g(片耳)と、最小クラスのサイズを実現。また、交換可能なイヤーチップとフィンが付属し、好みにカスタマイズことで、あらゆる耳のサイズにフィット。激しいスポーツでもずれにくく、快適な装着感が得られます。加えて、IPX7の防汗・防水設計なので、突然の雨やスポーツでの汗など、どんな悪条件にも対応。

B07N1W98WW B07N1W98WW

コンパクトボディには、6mm径ドライバユニットを搭載。さらに、スマートフォン専用アプリ「Jaybird」をインストールすれば、ビジュアルイコライザーを利用して、低音域から高音域まで自由にカスタマイズできます。設定は直接イヤホン本体に保存可能。マイクも内蔵し、ハンズフリー通話ができます。片耳のみで使用するシングルイヤホンモードでは、周囲の音を聞きながら使用できて便利。

イヤホン側面にはタッチパッドを備え、音楽の再生・一時停止・曲送り、電話の受話・終話・拒否などの操作が行なえます。このほか、リチウムイオンバッテリを搭載し、2時間のフル充電で4時間以上音楽再生が可能。急速充電もサポートし、5分の充電で1時間再生することができます。付属の充電ケースと組み合わせることで8時間分の充電が行なえ、計12時間まで使用可能。

B07N1W98WW B07N1W98WW

主な仕様は、ノイズアイソレーション(遮音性)がパッシブ、最大出力が12mW、応答帯域幅が20Hz~20kHz、インピーダンスが16Ω。Bluetooth対応プロファイルがHFP、HSP、A2DP、AVCRP、SPP。対応コーデックがSBC。通信可能距離が10m。

イヤホン部の外形寸法は14.3×19×19.5mm(幅×奥行×高さ)、重さ6.83g。ボディカラーはブラック、グレーの2色がラインナップ。付属品は、丸型イヤーチップ(S・M×各2)、楕円形イヤーチップ(S・M×各2)、イヤーフィン(1・2・3・4)、充電ケース、USB充電ケーブル。

税別価格は23,880円です。


▼購入はこちらで
Jaybird RUN XT 完全ワイヤレスイヤホン JBD-RUN-002BK ブラック
Jaybird RUN XT 完全ワイヤレスイヤホン JBD-RUN-002GR グレー

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


カテゴリ
スポンサードリンク
PR
Powered by amaprop.net
広告
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX