スポンサードリンク



Technics ワイヤレススピーカーシステム OTTAVA S SC-C50-K

パナソニックの「Technics(テクニクス)」ブランドから、ワイヤレススピーカーシステムの新モデル「OTTAVA S SC-C50」をチョイス!

Technics ワイヤレススピーカーシステム OTTAVA S SC-C50-K

テクニクスの高音質技術を継承するとともに、Wi-Fi・Bluetoothを内蔵し、パソコンやNASに保存されているハイレゾ音源などをネットワーク経由でストリーミング再生したり、AirPlay対応によりスマートフォン・タブレットに保存されている音楽をワイヤレスで再生できるなど、1台で様々な音楽コンテンツを手軽に楽しめるワイヤレススピーカーシステム。

Technics ワイヤレススピーカーシステム OTTAVA S SC-C50-K

Googleの「Chromecast built-in」にも対応し、Chromecast対応アプリを使用してスマートフォン・タブレットからの操作で、SpotifyやDeezeといった各種の音楽ストリーミングサービスを利用できます。インターネットラジオ、Googleアシスタントもサポート。また、アナログ・光デジタル入力、USBなどのインターフェイスも装備するため、幅広い音楽ソースに対応し、再生することができます。

お気に入りのインターネットラジオやUSBなどの楽曲は9つまで登録することができ、有機ELディスプレイの周囲に配置されたボタンやタブレット・スマートフォン用アプリ「Technics Audio Center」の操作で再生することが可能。より精密な周波数特性の測定・補正を行うこともでき、設置環境とリスニングポジションに合わせた最適な音質に近づけることができるという。


スピーカーは、1.8cm径ドーム型ツィータ2基と同軸配置した6.5cm径コーン型ホーンスピーカーを3組と、ロングストローク設計の12cm径コーン型サブウーファを組み合わせた3.1ch構成。さらに、カーブを描いたエンクロージャ前面にユニットを放射状に配置。カーブ形状により、内部の定在波を抑えクリアな音を実現。ボディは、ガラス繊維で強化した高剛性樹脂を採用し、強度を高めて歪みを低減。サブウーファはボディ中央に配置し、ストレートで大口径のロングバスレフポートを組み合わせ、コンパクトながら力強く深みのある低音再生が可能です。

独自のフルデジタルアンプ「JENO Engine」を4基搭載し、最大出力は60W。インパルス応答改善技術「LAPC」により、各スピーカーユニットを正確かつ強力にドライブ。また、デジタル信号処理部とアンプ部のそれぞれに独立して電源を供給し、相互の干渉やノイズの影響を低減する「Twin Power Supply Circuit System」など採用し、高音質再生を徹底追求。圧縮音源に対しては、独自のアルゴリズムで圧縮する前のオリジナル音源に近い信号を復元する「Re-master技術」で自然なサウンドを表現します。

このほか、部屋や置き場所に合わせて最適な音質に調整できる「Space Tune」に、内蔵マイクにより簡単な操作で自動調整するモード「Space Tune Auto」を新たに搭載。また、部屋の中央などに置く「Free」、壁際に設置する「Wall」、コーナー設置の「Corner」の3つのプリセットを用意しており、置き方に合わせて選ぶだけで手軽に最適なサウンドで聴けます。

通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/acの無線LAN、Bluetooth 4.2(Class 2)を内蔵。Bluetooth対応プロファイルはA2DP、AVRCP。対応コーデックはAAC、SBC。通信可能距離は見通し10m。インターフェイスはUSB 2.0、Ethernet、3.5mmステレオ入力、光デジタル入力(角型)を装備。USB再生フォーマットはWAV、AIFF、FLAC、ALAC、DSD、AAC、MP3に対応。

外形寸法は375×197×220mm(幅×奥行×高さ)、重さ約5.9kg。ボディカラーはブラック。付属品は、電源コード。税別価格は85,000円です。

▼購入はこちらで
Technics ワイヤレススピーカーシステム OTTAVA S SC-C50-K SCC50K

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


カテゴリ
スポンサードリンク
PR
Powered by amaprop.net
広告
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX