スポンサードリンク



パナソニック Ultra HD ブルーレイ再生対応のブルーレイプレーヤー DP-UB45-K

パナソニックから、Ultra HD ブルーレイの再生に対応するブルーレイプレーヤーの新モデル「DP-UB45」をチョイス!

B07S1SQQBJ

従来の4倍の解像度となる4K解像度に加え、60pの高フレームレートや最大で1,000~10,000nitの高輝度により、リアル感あふれる表現が可能なHDR、色の再現性を大幅に向上させる広色域規格「BT.2020」などに対応した、Ultra HD ブルーレイを再生可能なBDプレイヤー。

また、HDMI出力はver2.0規格に対応し、4K/60p/4:2:2/36bit、4K/60p/4:4:4/24bit、4K/24p(30p)/4:4:4/36bitなどハイスペックでの4K出力が可能。Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号の出力にも対応します。

HDRは、最新の「HDR10+」「Dolby Vision」をサポートし、映像作品内のシーンごとのメタデータを用いることで、各シーンに適した明るさで表示し、映像製作者の意図を想定した忠実なHDR映像を再現可能。従来のHDR10と下位互換もあるためHDR10対応テレビに接続した場合、HDR10相当の高画質で鑑賞できます。

さらに、ハイレゾ音源を含む音楽ファイルの再生も可能で、ハイレゾオーディオ対応アンプなどと接続すればハイクオリティサウンドが楽しめます。加えて、ホームネットワークでつながっているパソコンやNASからだけでなく、本体に接続したUSBメモリでも再生することができます。再生可能フォーマットは、WAV、FLAC、DSD、ALAC、AIFF、MP3、AAC、WMAに対応。DSDは11.2MHz・5.6MHz・2.8MHz、WAVとAIFFは384kHz/24bitまでサポート。

同社のDIGAで録画した番組を別の部屋に転送して視聴できる「お部屋ジャンプリンク」も利用可能。本機のEthernet端子にLANケーブルを接続すれば、ネットワーク経由でDIGAで録画した番組を再生することができます。また、パソコンやNASなどにダウンロードした音楽コンテンツも、ホームネットワークを経由で再生可能。このほか、開・閉ボタンを押せば約1秒でトレイがオープンし、ディスクをセット可能。

外形寸法は320×193×46mm(幅×奥行×高さ)、重さ約1.2 kg。省スペース設計により、薄型ラックやテレビの脇にもすっきり設置できます。インターフェイスは、HDMI出力×2、同軸デジタル音声出力、USB 2.0(前面)、Ethernetを装備。消費電力は約13W、待機時約0.3W(クイックスタート「切」時)・約4.5W(クイックスタート「入」時)。ボディカラーはブラック(-K)。付属品は、リモコン、単3形乾電池×2本(リモコン用)、ACアダプタ。

税別価格は45,000円前後です。

▼購入はこちらで
Panasonic HDR10+ DolbyVision対応ブルーレイプレーヤー DP-UB45-K DPUB45K ブラック

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
PR
Powered by amaprop.net
広告
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX