スポンサードリンク



ソニー Ultra HDブルーレイプレーヤー UBP-X800M2が通販予約

ソニーから7月6日に発売される、Ultra HDブルーレイプレーヤーのプレミアムモデル「UBP-X800M2」をチョイス!

SONY Ultra HDブルーレイプレーヤー UBP-X800M2

4K Ultra HDブルーレイの標準規格「HDR10」や「Hybrid Log Gamma(ハイブリッドログガンマ)」に加え、新たにドルビーラボラトリーズ社のHDR技術「Dolby Vision(ドルビービジョン)」に対応し、高画質・高音質性能をより強化したBDプレイヤー。

また、Hybrid Log Gammaは、ネット動画配信サービスとUSBメモリからのコンテンツ再生の双方に適応可能。加えて、独自のアルゴリズムにより、4K HDRコンテンツを4K SDRレベルに変換する際、バランスの良いコントラストと自然な色調に再現することで、HDR非対応の従来の4Kテレビやプロジェクタなどで視聴できます。テレビ用とプロジェクタ用にそれぞれ5段階の変換レベルを設定でき、利用の視聴機器に合わせた最適な明るさを選択可能。

同社の4Kテレビ「BRVIA」と組み合わせて使用することで、BRVIAの性能をフルに引き出して高画質を実現する「4Kブラビアモード」も搭載。さらに、付属リモコンの「画面表示」で表示される情報が、従来の再生中の映像出力情報に、新たにデータ情報が追加され、映像の情報を手軽に確認でき、最適な設定状態で鑑賞できるという。

FLAC、WAV、ALACなどのハイレゾ音源の再生も可能。DSDに関しては最大11.2MHzまで対応となり、より原音に近い臨場感のある、高品位なサウンドを再生可能。高音質化機能として、CD音源やMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングる「DSEE HX」を搭載。SA-CD、DVDオーディオを含む多くのディスクメディアを再生することができます。

インターフェイスは、HDMI映像・音声出力、HDMI音声出力、同軸デジタル音声出力、USB、Ethernetを装備。MIMO対応の無線LANも内蔵し、Netflix、Amazon Prime Video、YouTubeの4Kインターネット動画コンテンツも快適に視聴可能。

また、4Kアップコンバート機能により、4K以外のインターネット動画、BDビデオ、DVDビデオ、ホームネットワークで接続されている機器の映像、USBメディアの映像も、4Kテレビやプロジェクターとの組み合わせでより高画質で鑑賞できます。フレーム数が多い高画質の60pのフレームレートのコンテンツまでアップコンバートできるため、様々な映像コンテンツをより高画質で楽しめます。

字幕・画面表示位置を好みに合わせて字幕の位置を上下に5段階で調整する機能も備えるほか、ホーム画面のユーザーインターフェース(UI)を刷新し、よく使うアイコンが一画面内で表示され、選択できるように改善されました。

このほか、AVアンプで採用している高剛性シャーシ構造に加え、シールド構造の部品追加により、ボディの強度をさらに高め、ローノイズレギュレータや電源基板とメイン基板の間にシールド構造などを設けることで様々なノイズを抑え、さらなる高音質化を実現しています。

外形寸法は430×265×50mm(幅×奥行×高さ)、重さ3.8kg。コード長は1.3m。消費電力は15W、待機時0.4W。ボディカラーはブラック。付属品は、リモコン「RMT-VB310J」など。

税別価格は45,000円前後です。

▼購入はこちらで
SONY Ultra HDブルーレイプレーヤー UBP-X800M2 UBPX800M2

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
PR
Powered by amaprop.net
広告
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX