スポンサードリンク



パナソニック BS4K・CS4Kチューナ内蔵のブルーレイレコーダ おうちクラウドDIGA DMR-4W400&DMR-4W200

パナソニックから7月19日に発売される、BS4K・CS4Kダブルチューナを内蔵したブルーレイレコーダ「おうちクラウドDIGA(ディーガ)」のHDD 4TB搭載モデル「DMR-4W400」と、HDD 2TB搭載モデル「DMR-4W200」をチョイス!


従来放送よりも高精細・色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現が特徴的な「新4K衛星放送番組」を視聴できるダブルチューナを内蔵し、4Kの2番組同時録画が可能なBDレコーダの新モデル。

新たに独自の4K HEVCエンコーダを搭載し、4Kの長時間録画モード(4K 1.5~4倍)に対応。これにより、3,840×2,160ドットの4K高解像度 、広色域規格「BT.2020」、10bit階調表現、高輝度化技術「HDR」、滑らかな60p表示を特徴とする「新4K衛星放送番組」の映像圧縮を行い、より多くの番組を残すことができます。録画時間の目安は、4K 4倍なら4W400で最大約1,040時間、4W200で約520時間の長時間録画が可能。

また、地上・BS・110度CSデジタルのダブルチューナ+地上・BS・110度CSデジタルのシングルチューナも内蔵しているので、最大3番組同時録画をサポート。見たい・録りたい番組が重なっても録り逃しを防げます。録画番組や内蔵HDDに保存した音楽・写真・動画をBD・DVD、本機のUSB端子に接続したUSB HDD、SeeQVault規格のUSB HDDにバックアップすることができます。

BDドライブは、市販のBD・DVDビデオや音楽CDのほか、4K HDR対応のブルーレイの最新規格「Ultra HD ブルーレイディスク(UHD BD)」の再生が可能。従来のブルーレイの4倍となる4K解像度と、鮮やかで立体感のあるHDR映像を堪能できます。もちろん、4Kの録画番組をそのままの画質(4K DRモード)でブルーレイディスクにダビングすることができます。

高画質化機能として、独自の4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」を搭載。デコードした4K(4:2:0)信号を独自の高精度マルチタップ処理で4K(4:4:4)に補間することで、UHD BDを再生する場合でも、より鮮明度が高く、自然な質感と立体感にあふれた4K HDR映像を再生可能。

さらに、ハイビジョン領域の色信号補間を経ずに、デコードしたハイビジョン信号からダイレクトに4K信号に変換する独自の「4Kダイレクトクロマアップコンバート」を採用し、フルHD画質のBDや放送も4Kに迫る超高画質化映像で視聴できます。HDR映像の明るさ調整する機能も備え、HDR対応テレビでは「ダイナミックレンジ調整」、HDR非対応テレビでは「ダイナミックレンジ変換調整」が働きます。

加えて、4K映像の鮮鋭感や精細感を自在に調整することが可能な「4K超解像」、輝度と色の両方に対して、圧縮や伝送で失われた輪郭やテクスチャをクリアに再現する「W超解像」によって、より自然で色鮮やかな映像を表現。スタジオマスターと同等の高階調映像を再現する「マスターグレードビデオコーディング」、4K・60p・36bit出力などもサポート。

インターフェイスは、HDMI出力×2、汎用USB 2.0(前面)、録画用USB 3.0(背面)、Ethernetを装備。無線LANも内蔵し、同社が提供するスマートフォン用アプリ「どこでもディーガ」と連携でき、外出先からでもスマートフォンやタブレットを使って、「おうちクラウドDIGA」で録画した番組やリアルタイムで放送中の番組を視聴できます。番組持ち出し機能にも対応し、電波の届かない場所でも使用可能。

「どこでもディーガ」の進化により、録画番組一覧や番組表から見たい番組を選ぶだけで、直接テレビに再生することができるようになり、外出先だけでなく、自宅でもスマートフォンやタブレットを使用して快適に操作することができるようになりしました。また、スマートフォンで再生中に表示される操作画面に、「シーン一覧」アイコンが新たに追加されており、ディモーラの有料プレミアム会員なら、長時間放送の番組から見たいシーンを選んで、すぐに見ることができます。さらに、コミュニケーションアプリ「LINE」とも連携し、外出先から気になる番組を検索して、そのまま録画予約することが可能。

このほか、「おうちクラウドDIGA」にリッピングしたCD楽曲をスマートフォンでストリーミング再生する機能、スマートフォンで撮影した写真や動画を自宅や離れて暮らす家族の「おうちクラウドディーガ」に転送する機能、「おうちクラウドディーガ」に保存した音楽・写真・動画をBD・DVDや大容量のUSB HDD、SeeQVault対応のUSB HDDにバックアップすることができます。

インターネット経由でNETFLIX、Amazonプライム・ビデオ、dTV、ベルリン・フィル「デジタル・コンサートホール」といった、4K HDRインターネット動画やアクトビラの4K動画の再生に対応。これら4K HDRインターネット動画も、独自の4Kリアルクロマプロセッサで処理することができ、より高画質映像で視聴できます。

録画番組や放送をホームネットワークでつながっている「VIERA」や「DIGA」など、2箇所に同時配信する「お部屋ジャンプリンク」も利用できます。「Google Home」などのスマートスピーカーとも連携し、スピーカーに話しかけるだけで本機の様々な操作が行なえます。

外形寸法は430×199×66mm(幅×奥行×高さ)、重さ約2.6 kg。4W400の消費電力は約29W、待機時約0.15~11W。価格は14万円前後です。4W200の消費電力は約28W、待機時約0.15~11W。価格は11万円前後です。



下位モデルとして、BS4K・CS4Kシングルチューナ+地上・BS・110度CSデジタルのシングルチューナ+地上・BS・110度CSデジタルの・ダブルチューナ内臓のHDD 1TB搭載モデル「DMR-4S100」もラインナップ。価格は約9万円です。

▼購入はこちらで
Panasonic おうちクラウドDIGA 4TB DMR-4W400 DMR4W400
Panasonic おうちクラウドDIGA 2TB DMR-4W200 DMR4W200
Panasonic おうちクラウドDIGA 1TB DMR-4S100 DMR4S100

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
PR
Powered by amaprop.net
広告
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX