スポンサードリンク



G-GEAR 第3世代AMD Ryzen3000シリーズ搭載の『デス・ストランディング』推奨ゲーミングパソコン

ツクモのゲーミングブランド「G-GEAR」から、第3世代AMD Ryzen3000シリーズを搭載した『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』推奨ゲーミングデスクトップパソコンのローエンドモデル、ミドルモデル、ハイエンドモデルをチョイス!


いずれも、Zen 2アーキテクチャを採用し、7nmテクノロジーで製造される第3世代AMD Ryzen3000シリーズを搭載し、コナミを退社した小島秀夫氏が新会社コジマプロダクションを立ち上げて初めて開発した、“ストランド・ゲーム”と呼称される、これまでにないジャンルのアクションゲーム『DEATH STRANDING』で動作検証を行い、快適にプレイできることが確認されたことで、505 Games社より「推奨認定」を受けたゲーミングパソコン。

ローエンドモデルには、AMD Ryzen 5 3500、ビデオカードにAMD Radeon RX 5500 XTを搭載し、フルHD解像度に最適なコストパフォーマンスを重視したモデル。

主な仕様は、6コア・6スレッドのAMD Ryzen 5 3500(3.6~4.1GHz)、メモリ8GB、AMD X570チップセット、NVMe Gen 4 M.2 SSD 1TB、Radeon RX 5500 XT 8GBビデオカード、DVDスーパーマルチドライブを搭載。税別価格は124,800円です。


ミドルモデルには、AMD Ryzen 7 3700Xと、ビデオカードにAMD Radeon RX 5600 XTビデオカードを搭載し、より安定・快適なプレイを体験したい方におすすめのモデル。

主な仕様は、8コア・16スレッドのAMD Ryzen 7 3700X(3.6~4.4GHz)、メモリ16GB、AMD X570チップセット、NVMe Gen 4 M.2 SSD 1TB、Radeon RX 5600 XT 6GBビデオカード、DVDスーパーマルチドライブDVDスーパーマルチドライブを搭載。税別価格は169,800円です。


ハイエンドモデルには、4Kの高解像度でグラフィック映像を堪能できるよう、AMD Ryzen 9 3900Xと、AMD Radeon RX 5700 XTビデオカードを搭載し、圧倒的なパフォーマンスにより、デス・ストランディングの世界を余すことなく楽しむことができます。

主な仕様は、12コア・24スレッドのAMD Ryzen 9 3900X(3.8~4.6GHz)、メモリ16GB、AMD X570チップセット、NVMe Gen 4 M.2 SSD 1TB、Radeon RX 5700 XT 8GBビデオカード、DVDスーパーマルチドライブを搭載。税別価格は199,800円です。


全モデルにWindows 10 Home 64ビットをプリインストール。PCケースは、G-GEAR専用オリジナルミドルタワーケース「69JD」を採用。

外形寸法は190×475×435mm(幅×奥行×高さ)、重さ約12kg。ボディカラーはブラック。付属品は、OSディスク、ドライバディスク、ソフトウェアディスク、カスペルスキーのインターネット セキュリティ(90日版)など。

▼購入はこちらで
G-GEAR デス・ストランディング 推奨パソコン

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX