スポンサードリンク



G-GEAR 第12世代Intel Coreプロセッサ搭載の『モンスターハンターライズ』推奨ゲーミングデスクトップパソコン インテルモデル

ツクモのゲーミングパソコン「G-GEAR」シリーズから、Steam版をリリースするハンティングアクション『モンスターハンターライズ』の推奨ゲーミングデスクトップパソコン インテルモデルをチョイス!

G-GEAR モンスターハンターライズ推奨ゲーミングパソコン インテルモデル

インテルモデルは、Intel Core i5-12400搭載の「GA5J-A221T/MHR」と、Intel Core i7-12700搭載の「GA7J-B221T/MHR」がラインナップ。

いずれも、コードネーム“Alder Lake-S”で呼ばれ、Performance CoreとEfficient Coreの2種類のコアを1つのプロセッサに搭載した、第12世代となるIntel Coreプロセッサを採用。また、第2世代RTXアーキテクチャ「Ampere」を採用した、NVIDIA GeForce RTX 30シリーズのビデオカードを標準搭載し、新たなフィールドと、全く新しいモンスターたちが待ちうける『モンスターハンターライズ』で動作検証を行い、快適にプレイができることが確認されたことで、カプコンから推奨認定を受けています。

「GA5J-A221T/MHR」の主な仕様は、6コア・12スレッドのIntel Core i5-12400(2.5~4.4GHz)、メモリ16GB、Intel B660チップセット、NVMe M.2 SSD 500GB、NVIDIA GeForce RTX 3050 8GBビデオカード、DVDスーパーマルチドライブを搭載し、価格は149,800円です。

「GA7J-B221T/MHR」の主な仕様は、8コア・16スレッドのIntel Core i7-12700(2.1~4.8GHz)、メモリ16GB、Intel B660チップセット、NVMe M.2 SSD 1TB、NVIDIA GeForce RTX 3060 12GBビデオカード、DVDスーパーマルチドライブを搭載し、価格は209,800円です。

共通なのは、OSがWindows 10 Homeをプリインストール。インターフェースは、前面にUSB 3.0、マイク入力、ヘッドホン出力。背面にUSB 3.2 Gen 1 Type-A×4、USB 2.0×2、PS/2、HDMI出力、DisplayPort×3、アナログオーディオ入出力、Gigabit Ethernetなど装備。PCケースは、G-GEAR専用オリジナルミドルタワーケース「69JD」を採用。

外形寸法は190×475×435mm(幅×奥行×高さ)、重さ約12kg。ボディカラーはブラック。付属品は、日本語キーボード、光学式ホイールマウス、カスペルスキーのインターネット セキュリティ (90日版)、OSディスク、ドライバディスク、ソフトウェアディスクなど。さらに、購入特典として「モンスターハンターライズ」デザインのオリジナル特大マウスパッドがプレゼントされます。

各種BTOカスタマイズにも対応します。

▼購入はこちらで
G-GEAR モンスターハンターライズ推奨ゲーミングパソコン インテルモデル

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX