スポンサードリンク



ロジクール LIFT縦型エルゴノミック マウス M800シリーズ

ロジクールから、5月19日より発売されたワイヤレスマウスの新モデル「LIFT縦型エルゴノミック マウス M800シリーズ」をチョイス!

Logicool LIFT縦型エルゴノミック マウス M800シリーズ

同社の人間工学とデザインの専門家チームによって導き出された、本体角度57度の傾斜がつけられことで、前腕と上半身をより自然なリラックスした姿勢に保ち、快適に操作できる“Lift”のような形状のエルゴノミックマウス。自然な手首の角度のまま本体を握れるため、長時間の作業でも手首と肩への負担を軽減します。

また、凹凸のあるグリップと親指を自然に置けるスペースによって、マウスを動かす際もいつでもリラックスでいられます。静音設計なので、静かな場所での使用にも適しています。さらに、縦型モデル「MX Vertical(MXV1s)」と比べ、約22%コンパクト化されており、 小~中サイズの手に最適にフィットします。

B09WV6D7SM B09WV6D7SM

機能面では、高速スクロールモードと精確スクロールモードを自動で切り替える、独自のSmartWheelを搭載。独自のFLOW機能にも対応し、テキスト、画像、およびファイルを最高3台のパソコン・OS間をドラッグのみでデータ移動が可能で、WindowsとmacOSの異なるOS間でも流れるような操作を実現しています。

通信機能は、Bluetooth Low Energyテクノロジー、またはアドバンス2.4GHzテクノロジー。アドバンス2.4GHzテクノロジー接続の場合、付属のLogi Bolt USBレシーバーをパソコンなどのUSBポートに差し込んで使用します。対応デバイス最大6台まで1つのUSBで接続可能なため、USBポートを有効活用できます。接続距離は10m。

さらに、独自のEASY-Switchをサポート。対応する3台までのデバイスを、本体裏面のボタンのみで操作端末を簡単に切り替えることができます。

マウスには、左・右クリック、戻る・進む、ミドルボタン、ミドルクリック付きスクロールホイールの計6個のボタンを装備。このうち、4個の操作ボタンは無料ソフト「Logi Options+」を使って好みにカスタマイズ可能。ソフトはmacOS 10.15以降、Windows 10・11以降に対応。

主な仕様は、センサー方式はアドバンス オプティカル トラッキング、解像度は400~4,000dpi。電源は単三形乾電池1個で、電池寿命は最長24カ月。対応OSはWindows 10・11以降、macOS 10.15以降、iPadOS 14以降、Chrome OS、Linux、Android 8以降。

外形寸法は70×71×108mm(幅×奥行×高さ)、重さ125g。ボディカラーはグラファイト、ペイルグレー、ローズの3色がラインナップ。

価格は7,700円です。

▼購入はこちらで
Logicool LIFT縦型エルゴノミック マウス M800GR グラファイト

Logicool LIFT縦型エルゴノミック マウス M800PG ペイルグレー

Logicool LIFT縦型エルゴノミック マウス M800RO ローズ

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX