広告



シャープ 4K有機ELテレビ AQUOS OLED FQ1ライン

シャープから、有機EL(OLED)パネルを搭載した4K有機ELテレビ「AQUOS OLED FQ1ライン」をチョイス!


FQ1ラインは、65型モデル「4T-C65FQ1」、55型モデル「4T-C55FQ1」の2モデルがラインナップ。

高い輝度性能の有機EL素子と、発光にともなう発熱を効率的に抑える放熱構造「クールダウンシールド」を組み合わせた高輝度「S-Brightパネル」を採用し、明暗豊かでダイナミックな映像を表示を実現。解像度は3,840×2,160ドット。HDRは、HDR 10、HLG、HDR Dolby VISIONの規格に対応。

高画質化機能として、AIプロセッサを採用した画像処理エンジン「Medalist S4」を搭載。映像モードに「AIオート」が用意されており、100万以上の映像を学習したAIが人の顔や空などを高精度で検知し、検知結果と映画やドラマ、スポーツなどの番組のジャンルに合わせて色彩・明暗・精細感を自動で調整します。

また、部屋の明るさに応じて画質を自動で調整する「環境センシング」が、明るい部屋では見えにくい暗部の階調レベルを上げ、輝度のダイナミックレンジを拡大して視認性を高め、暗い部屋では暗部階調をなめらかに調整し、質感を重視した自然な映像に表現します。

さらに、地デジ放送やブルーレイディスク、ネット動画など様々な映像を約830万画素の4K解像度の映像へアップコンバートする「4K超解像アップコンバート」、映像が本来持っている精細感・コントラスト・色合いの情報を復元する「オブジェクト プロファイリング」、ネット動画をクリアな映像で再現する「ネット動画クリア補正機能」なども搭載。

サウンド面では、ツィーター×2基、ミッドレンジ×4基、サブウーファ×1基、ハイトツィーター×2基、ハイトミッドレンジ×2基で構成された計11基のスピーカーを配置。

アンプ出力は最大70Wで、立体音響フォーマット「Dolby Atmos」との相乗効果で、包み込まれるような音響体験を提供する音響システム「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS」を搭載。空間全体の音響パワーの変化をとらえて補正する音響補正技術「Eilex PRISM」も備えます。

OSはGoogle TVをプリインストール。通信機能はIEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax(Wi-Fi 6)の無線LANを内蔵し、NETFLIX、ABEMA、Disney+、Prime Video、U-NEXTなどのネット動画サービスを視聴可能。音声操作が行える「Google アシスタント」、スマートフォンやダブレットの画面をテレビの大画面で表示する「Chromecast built-in」、ビデオ通話アプリ「Google Meet」、ヘルスケア関連アプリ「AQUOSヘルスビューアー」などもサポートします。

BS4K・110度CS4Kチューナーを2基、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基内蔵。別売の外付け型USB HDDを接続すれば、4K放送を視聴しながら別の4K放送の録画と地上・BS・110度CSデジタル放送の2番組を同時に裏録画することが可能。

インターフェイスはHDMII入力×4、ビデオ入力・音声入力兼用、光デジタル音声出力、ヘッドホン出力、録画用USB、メモリ用USB×2、Ethernetを装備。ボディカラーはブラック。付属品は、テーブルスタンド(組立式)、リモコン、転倒防止部品一式など。

65型モデルの外形寸法は144.8×28.1×89.6cm(幅×奥行×高さ)、重さ約35.5kg。消費電力は約510W、待機時0.5W。年間消費電力量は229kWh/年。価格は473,000円前後です。

55型モデルの外形寸法は122.7×28.1×77.1cm(幅×奥行×高さ)、重さ約28.0kg。消費電力は約408W、待機時0.5W。年間消費電力量は180kWh/年。価格は330,000円前後です。

▼購入はこちらで
SHARP 65V型 AQUOS QD-OLED FS1ライン 4T-C65FQ1

SHARP 55V型 AQUOS QD-OLED F1ライン 4T-C55FQ1

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

AX